ものづくりオフィスで事務所を持ちながらビジネスを学ぼう|ものづくりオフィス®

ものづくりオフィスで事務所を持ちながらビジネスを学ぼう|ものづくりオフィス®

副業レベルの事業を本業にしたい人に使って欲しい

もし、あなたのビジネスが副業レベルの事業規模(年収300万円以下)ならば、ビジネスのステップをもう一段上げる必要があります。なぜなら、年収が300万円以下の方は一般的に低所得者層と言われる部類に入ってしまうからです。もちろん、人それぞれ、この収入でも全く問題ないと考える方はいるでしょう。しかし、多くの方はもう少し収入が増やせたらと考えるのではないでしょうか? では、どうしたら副業レベルの事業を年収500万円以上になるようにステップアップさせることができるのでしょうか? 

ビジネス書を読んでも頭に入ってこない

世の中に起業を進める本やビジネスについて書いてある本はたくさんあります。しかし私の経験から言えば、本で読んだ知識をそのまま実行できる人はほんの一握りです。ほとんどの人は知識として頭に記憶はするものの、記憶することと実行することは全く別の領域であるのにもかかわらず、記憶したことで体験したと勘違いしてしまうのです。「そのうちやろう。」とか「時間があるときに」とすぐに考えてしまう人のほとんどは、実行に移さずにそのモチベーションを失ってしまいます。 これまでにもそういった人にたくさん出会ってきました。そして、すごく残念に感じてきました。いいなあと感じたことはすぐに実行する。このことが次のステップに上がるために必要なのです。

小手先のテクニックはすぐに真似されてしまう

ビジネスの基礎を学ぶコツは順を追って学ぶことです。納得しながら進めていくことがとても大事です。ビジネスに特効薬はありません。よくある情報商材などではこれをやれば大丈夫といったテクニックをたくさん出してきます。しかし、そう言った小手先のテクニックは長続きしません。なぜなら、他の人も簡単に真似ができてしまうからです。ビジネスは他の人が絶対にできないような技術を開発するか、他の人が諦めるくらいの長期にわたり継続できる人が成功するようになっているのです。 

ビジネスは作る・売る・創作するを回すこと

よく、こんなアイデアがあるからうまくいくだろうとビジネスを始めてしまう人がいますが、ほとんどの人は失敗します。事業を始めたのち3年で廃業する人は7割、5年で廃業する人は全体の9割と言われています。最初の5年以内に廃業することを選んだ人が最も失敗した理由は「商品が売れない」ということです。商品は作れば売れるものではありません。商品が売れるためにはお客様からの需要がなければなりませんし、さらにその前に、お客様の不満をこの商品なら解消できるという事実をお客様に知ってもらう必要があります。(このことをマーケティングといます)。そして、この売る・作るのサイクルがうまく回り始めたら、今度はさらに良いものに改良し、別の需要に向けて新たな商品を創作する必要が出てくるのです。 3年で廃業した企業は売れないところで廃業し、5年継続できなかった事業は創作することができなかったと考えることもできます。

アイデアだけでは成功しない。次は売ること。そのために

このように、アイデアや技術だけではうまくいかないのです。売るためにはどうしたらよいのか。そして次の商品を創作していくためにはどうしたらよいか。 事業を始めた時から従業員が数名以上いる企業ははじめからうまくいっている企業でしょう。しかし、個人事業主からスタートする人たちが次のステップに進むためには、自分の事業を助けてくれる人が必要になってきます。はじめのうちは従業員というより自分のことをある程度知ってくれている仲間が必要になっくるでしょう。 もし、あなたが自宅でしか仕事をしていないとすれば、それはチャンスを逃している可能性があります。あなたの仕事の状況を知っている人はたくさんいらっしゃいますか? あなたが困った時に相談できる仲間はいますか? ちょっとしたスキルを誰かに借りたいときすぐに相談できる仲間はいますか? 実はビジネスを大きくするには人脈の有無が重要な位置を占めてくるのです。

ビジネスを成功させる準備をしましょう

ものづくりオフィスにはこれらビジネスを成功に導くための仕組みがたくさんあります。あなたが本当に今の状況からステップアップしたいと考えるなら、自宅で仕事をするだけではなくどこか別な場所にも新たなワークスペースを確保できないか考えてください。自宅以外で仕事ができる場所をもう一つ作るだけで成功する可能性は50%増えることになります。もちろん、毎日通う必要はありません。自分ができる範囲のペースで通ってみてください。スポーツクラブに通う感覚で良いのです。定期的に通い、そして仕事をするだけで仲間は増えていくことになるでしょう。そして、ビジネススクールに参加してください。ものづくりオフィスのビジネススクールは話を聞いて終了させるのではなく、課題を提出しないと次に進めないようになっています。この仕組みを使ってビジネスの基礎を習得してください。

ものづくりオフィスでできること

①ビジネススクールに参加してビジネスの基礎を無料で学べる

ビジネススクールは毎月1回ものづくりオフィス内で開催します。講座は半期ごと全6回。売るためのブランディングやマーケティングについて6ヶ月をかけて勉強していきます。スクールに参加した後は毎月課題が出され、学んだことに対して実際に行動を移してもらいます。スクール生はみんなやる気を持って参加しています。途中で課題を提出しないことや欠席が続く予定の方ははじめから受講できません。毎月同じタイミングで集まってくる仲間と一緒にお互いを刺激しながら頑張っていきましょう。

②人脈を得られるプログラムとコミュニティに参加できる

事業を大きくしたい人にとっては前述の通り、人脈を増やしていくことが不可欠です。ものづくりオフィスには人脈を増やすことができるプログラムを複数用意しています。会員同士が開催するワークショップ。一般の方も参加できる大人の部活動。定期的に開催されるイベント。会員のみが参加できる交流会。そして、GIVE&TAKEのお仕事紹介制度など。ものづくりオフィスのスタジオで仕事をするだけでも人脈は増えますが、イベントなどに参加すればもっと出会いたい人と出会える可能性は高くなります。できるだけたくさんのプログラムに参加してください。

ビジネスを学びたい・シェアオフィスを利用したい人にオススメの種別

ものづくりオフィスの種別は大きく分けて2通りの種別があります。一つは事務所利用が中心となる「オフィス会員」。もう一つはレッスン教室の開催が中心となる「教室会員」。 ここではオフィス会員の種別をご紹介します。 レッスン教室が開催できる教室会員に興味がある方はこちらも御覧ください。 

稼ぐハンドメイド講師のはじめかた。

事務所を持ちたい方にお勧めのオフィス会員の内訳は以下の3通り。ご自分の使い方に合わせてお選びください。

①固定席会員 

ビジネススクール受講可能。個人コンサル可能。自分専用席の利用可能。住所利用可能。法人登記可能。荷物受け取り可能。フリードリンク。部活動参加無料。その他。月々19,000円から利用可能。

②固定席プラス会員

固定席会員のサービス内容に加え、同時にレッスン教室やワークショップも定期開催できる会員種別。ビジネススクール受講可能。個人コンサル可能。自分専用席の利用可能。住所利用可能。法人登記可能。荷物受け取り可能。フリードリンク。部活動参加無料。その他。月々28,500円から利用可能。

③スタジオ会員

ビジネススクール受講可能。スタジオの利用可能。フリードリンク。部活動参加無料。その他。月々9,500円から利用可能。

 


 

まずはものづくりオフィスの無料説明会に参加して納得してからご入会下さい。開催日程は以下のフォームでお選び頂けます。

▶︎無料説明会に申し込む

ただし、以下の方は説明会のご参加をお断りいたします。

  • 自ら行動しない人
  • 人のせいにする人
  • 他人の悪口を言う人
  • お金を払ったのだからやってくれという人

2016年のビジネススクール生の募集は10名限定となっています。あなたに事業を大きくするという決意があるなら、ぜひ説明会にご参加下さい!お会いできることを楽しみにしています。

遠方のため、ビジネススクールに通うのは難しい方は通信スクールもございます。詳しくはこちらをご確認ください。

ビジネススクールプログラム(基礎)