後期ビジネススクール2017が開催されます | ものづくりオフィスSHARE®︎

後期ビジネススクール2017が開催されます | ものづくりオフィスSHARE®︎

みなさま、こんにちは。ものづくりオフィス代表の齊藤です。

今年も早いもので、もう10月になろうとしています。ものづくりオフィスのある札幌は10月も下旬になるともう初雪が降りますので、本当に1年は早いですね!私自身も残りの2ヶ月で今年1年の予定で完了できなかったことを見直しながら今年1年悔いがなく、そして来年のための1年であるために確実に過ごそうと思っています。


来年1年間を成功させる準備はもう始めていますか?


さて、ここで来年1年間で夢を実現するための準備についてお話ししたいと思います。もし、来年1年間をあなたの人生にとって有意義な1年間にしたいなら、そのための準備はこれからの3ヶ月で決まると思っても過言ではありません。なぜなら、あなたの来年の1年間は行き当たりばったりでは全てが良い方向に進むわけではないからです。あなたの未来は待つのではなく、自分で作る必要があるのです。今年1年があまり思うように進まなかったなと感じているあなた。まだ間に合います。今から3ヶ月かけて来年1年間に行うべき目標それを実行するためのスケジュールを組み立ててください。


創業を成功できる人とできない人の違い



私はものづくりオフィスで創業支援という仕事をしているので年間に数十人の創業希望者と話をしています。それだけ多くの方と話をしていると、相談に訪れる方には特徴があることに気がつきました。相談者には2通りのパターンが存在します。2つの違いは今後、仕事がうまくいくだろうと感じる方と、そうではない方がです。両者とも起業したい、創業したいと考えているのに、1時間程度話すだけでその人が今後1、2年で仕事がうまくいくのかいかないかがわかってしまうのです。実際に、私が創業相談を受けた時にこの人はうまくいくだろうと感じた方の8割以上が、施設を卒業した後も上手に事業化していると報告を受けています。では両者の違いは一体なんなのでしょうか?


私が思う「創業を成功させるためのポイント」は以下の通りだと考えています。


(1)その事業が誰かの役に立てるかどうか 


(2)あなたが不足するリソース(資源)が何なのかを把握しているか


(3)価値の広め方を知っているか


(1)その事業が誰かの役に立てるかどうか


創業希望者が事業を成功するためにもっとも重要なポイントは「その事業が誰の役に立つのかをしっかり見定めること」です。(事業コンセプトと言います)私が支援する方が最初に問われるポイントでもあります。よく、こういう人がいます。「私、こういうデザインが好きなのでこれを作っています。きっと私と同じデザインが好きな人がたくさんいるはずなので、売れると思います。」しかし、こういった場合、自分が好きなものは自分のために作っているのであって、大多数の人がその商品を欲しくなる理由は存在しないため、ほとんどの場合継続的に売れることはないでしょう。(きっと、あなたの近くのお友達は買ってくれるでしょう。でも、お友達がみんな買ってくれたら売れなくなります) では、どういうものなら売れるのでしょうか? それは困っている人を助ける商品やサービスである必要があります。そして、すでに大企業が参入している商品やサービスに近いものを、あなたが今作る必要は全くありません。大企業と張り合えるだけの資金力がついてから張り合いましょう。もし、あなたがこれから始めようとしているビジネスが誰かのためにやることでなければ、成功するのは難しいでしょう。でも、大丈夫。今から必要な誰かのためにやるためのコンセプトに変えていけば良いのです。


よくある創業セミナーでは専門家がいる内容しか教えない


よくある創業セミナーなどに参加すると、最初に教えられるのはなんでしょうか? ・事業計画書の書き方(もっとも多い) ・開業資金・税金など経理の知識について ・創業の心構えなど これらがよくあるセミナーの内容ですね。でも事業計画書は何のために書くか知っていますか?、経理の知識はできる人に任す方法もありませんか? など、疑問がたくさん出てきます。私自身も自分が起業する前は、そういうものを知っていないと起業ができないと考え、たくさんのセミナーに参加しました。確かに、知らないよりは知っていた方が良いですが、いつも感じていたのは、そういったことより集客の仕方だったり、ビジネスの進め方の話だったり、できるだけ早い段階でお金にできる方法を知りたいといつも思っていました。 創業セミナーで事業計画書の書き方や会計の話が多いのは、セミナーの講師がそういう仕事をしている人なので講師として迎えやすいというのが実情なのです。あなたがそのセミナーに参加しようとした時、プログラムが事業計画書の書き方や経理の知識を教えることが中心のセミナーだとしたら、そのセミナーは他の講座と変わらない、士業の方を喰わせるためのセミナーだと疑った方が良いでしょう。


より詳しく説明を聞きたい方はホームページよりお申し込みください。

無料説明会の申し込みフォーム


事業計画書も会計も今はアプリやサービスでできてしまう


そもそも、事業計画書はなんのためにあるのか知っていますか? 事業計画書は、例えば、銀行にお金を借りたり、ビジネスオーナーがいる場合ではオーナーを説得するために必要な書類です。こういう意味を知らないで事業計画書の書き方を習っても、全く意味がありません。使う場面がないのです。私自身、事業計画書の書き方を習ったことはありますが、それをそのまま使えたことはありません。銀行によってその書き方も違いますし、ほとんどの場合、担当者の方に相談すれば書き方はその場で教えてくれます。 しかも、今はアプリやサービスがそういったハードルを取り除いてくれるようにもなりました。もちろん、放っておけば書いてくれるというサービスではありませんが、既存のサービスで解決できる場合もあるので参考にしてみてください。これらを利用すれば、あなた自身が1から覚える必要がなくなります。


開業計画ナビ


https://kaigyou.dreamgate.gr.jp/


会計ソフトfreee


https://www.freee.co.jp/


 


会計MFクラウド


https://biz.moneyforward.com/


知らなければいけないのは「ビジネスを作るための考え方」です


起業を本気で考えている人にとって本当に必要なのは、事業計画書の書き方や会計の知識ではないことはよくわかっていただけたのではないでしょうか。では、本当に知らなければいけないことは何でしょうか? それは前述のビジネスを作るための考え方です。よくあるセミナーで解説する内容はあなたが最優先で知るべきことではありません。繰り返しになりますが、あなたが考えなければいけないことは以下の3つのポイントとそれを具体的に実行する方法です。


(1)その事業が誰かの役に立てるかどうか 


あなたが進めたい事業は誰が困っているからやることですか? もし答えられないのであれば、顧客をしっかり把握してその顧客が困っていることを変えていく事業に変えていきましょう。


(2)あなたが不足するリソース(資源)が何なのかを把握しているか


あなたが事業を作り上げるためには何が不足していますか?お金、人脈、スキル、機械などあなたの事業に不足するリソースはあらかじめ把握し、その不足するリソースを補う仕組みを作っていきましょう。


(3)価値の広め方を知っているか


あなたは全てのことを事業主1人で行おうと考えていませんか?営業も、会計も、広報も、販売も全部一人でやれる人はスーパーマンです。事業に成功した人を見てみるどんな人でも必ず協力者がいます。ですが、協力者=一緒に起業してくれる人のことではありません。もちろん全てを投げ打って一緒に起業してくれる人がいれば良いですが、お金のないあなたに無償でついていける人はいないでしょう。では、価値を広めてくれる人とは一体誰のことでしょうか?



ものづくりオフィスは札幌市の特定創業支援事業者です


色々な創業セミナーやスクールがありますが、(株)シェアデザインが運営するものづくりオフィスは札幌市が認定している創業支援事業者です。また、今回ご紹介したビジネススクールは創業支援事業として開催されております。札幌市が認めた創業支援施設ですから、どんな会社が良いのかわからない方も不安になる必要はありません。年間を通してビジネススクールを開催しているだけでなく、コワーキングスペース(協働事務所)として、創業後間もない企業のために低コストで運営され、しかも創業時に必要な「人脈が作れるスペース」として実績を残しております。ものづくりオフィスは2013年の3月に開業してから現在まで、会員数は1750名を超え(2017年7月現在)、北海道ではもっとも会員数の多い施設です。もし、ものづくりオフィスを体験したことのない方は、このビジネススクールに参加することで、ものづくりオフィスを体験することができます。




ものづくりオフィスの会員になるメリット

(1)低コストで創業支援が受けられる

(2)工作機械でオリジナルの商品を作ることができる

(3)ビジネスコミュニティだからたくさんの人脈を増やすことができる



あなたも、ものづくりオフィスで創業に必要なスキルを確保してください。


起業応援プラン9月20日スタート


ものづくりオフィスでは北海道から起業・創業者を増やすため「起業者応援プラン」を2017年9月20日からスタートいたします。新しいプログラムを一緒に作り上げていただく皆さんに感謝して、2017年10月20日までにお申し込みいただいた方に限り、通常10000円(税別)の入会金を無料とさせていただきます。ぜひ、この機会にご参加ください。ただし、先着10名の方のみとさせていただきます。先着となりますので、お早めにお申し込みください。 起業者応援プランビジネススクール申込フォーム


後期ビジネススクール実践プログラム内容


2017年の後期ビジネススクールは過去4年間続けてきたプログラムを一新し、より実践的なものに変更しました。今回から始まる新しいプログラム。より実践的なので過去に受けた方も、もう一度受講することをお勧めいたします。


【1】10月28日(土)13:30-15:30 ビジネスモデルづくり実践

【2】11月18日(土)10:30-12:30  ウェブマーケティング実践

【3】12月16日(土)10:00-12:00  対象顧客の見つけ方実践・年間スケジュールの組み立て方

【4】 1月27日(土)10:00-12:00  集客・販促のための戦術(1)

・客数を増やして売り上げを上げる方法 ・流出客を減らして売り上げをあげる方法 ・商品単価を上げて売り上げを上げる方法

【5】 2月24日(土)10:00-12:00  集客・販促のための戦術(2)

・商品の購入点数を上げて売り上げを上げる方法 ・購買の感覚を減らして売り上げを上げる方法 ・購入回数を増やして売り上げを上げる方法

【6】 3月31日(土)10:00-12:00  ビジネス発表会 

※このプログラムは札幌市特定創業支援事業者である(株)シェアデザインの創業支援事業です。


特典を受けるには10/20までにお申し込みください⇩⇩⇩





















開催日時 2017/10/28 〜2018/3/31
申込締め切り 2017/10/27
参加料金 月々10000円(税別)X6回払い(一括払い可)
特典 ・2017/10/20までにお申し込みのお客様に限り入会金10000円が無料

・スクール受講期間中、ものづくりオフィスの利用が可能

・レーザーカッターやUVプリンターなど工作機械の利用割引

・イベント参加割引

・レッスン教室開催可能

・起業仲間のコミュニティに参加可

・札幌市より特定創業支援が受けられる

より詳しく説明を聞きたい方はホームページより無料説明会へのご参加をお申し込みください。

無料説明会の申込フォーム

【お申し込み方法】 こちらからお申し込みください。送信後3日以内に、こちらから返信させていただきます。

起業者応援プランビジネススクール申込フォーム