3Dプリンタ製フェイスシールドのデータと送り先| FaceShieldプロジェクト札幌

フェイスシールドP

3Dプリントデータ

3Dプリント製フェイスシールドバイザー固定部の送付先


造形数が1000台に到達いたしました。一旦造形協力のお願いを停止いたします。クリエイターの皆様、たくさんのご協力ありがとうございました。

——————————————————————–

3Dプリンターの造形範囲は16cm幅程度必要です。
フェイスシールドフレームモデルver2_fast_typeV

フレーム部分素材:PETG推奨ですがPLA、ABS樹脂などでも可能です。
充填密度は50%以上でプリントしてください。積層厚は0.2mm以下を推奨しています。
プリント部以外はフィルムやゴムが必要ですが、今回のお願いは本体のフィルム用パーツ部分の3Dプリントのみです。
サイズは縮小拡大など変更せずに造形願います。(フィルムの穴は統一されております)


2020年6月7日現在、事態の落ち着きに伴い3Dプリント品の送付受付を停止いたしました。再開の際はこちらのページにお知らせいたします。

〒060-0032
北海道札幌市中央区北2条東1丁目3−3サンマウンテンビル3階
CreativeLoungeSHARE 「FaceShieldプロジェクト」

お問い合わせはこちらからお願いいたします。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧